日帰り大腸ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除

放置しているとがん化する可能性がある大腸ポリープは日帰り手術での切除が可能ですし、大腸内視鏡検査時に切除することもできます。内視鏡検査は実質の検査時間が10~20分程度ですが、ポリープ切除を行っても30~40分で終了します。
ポリープ切除を行った場合は、出血などの合併症を避けるための制限があります。具体的には当日、長湯を避けてもらったり、刺激物の摂取、アルコールを控えていただきます。他にも守っていただくことがいくつかありますが、ほとんどの場合数日間です。大きなポリープや早期大腸がんなど内視鏡的粘膜切除術(EMR)(詳細は下記)にて病変を焼き切った際は、1週間の制限が必要になることがあります。また、ご帰宅後、異常があった場合に備えて緊急連絡先をお伝えしています。これまで深刻な問題が起きたことはありませんが、万が一に備えていつも迅速に的確な対応ができるようにしていますので、ご安心ください。

大腸ポリープとは

大腸粘膜にできる隆起性病変を総称して大腸ポリープと呼びます。腫瘍性と非腫瘍性に分かれます。腫瘍性のものは「腺腫」に分類されます。これは病理学的な腫瘍組織の種類を表現した呼び方になります。成長した末に大腸がんになります。ちなみに大腸がんも同様に表現すれば「腺がん」と呼ばれます。要するに腺腫→腺がんに発展するわけです。また非腫瘍性のポリープでも一定の大きさに達すると腫瘍化する場合があり、切除の対象となります。

大腸ポリープ切除は、通常の大腸内視鏡検査の流れの中で行います。そのためもう一度検査を受ける必要はありません。当院は麻酔下内視鏡で行いますので、あらかじめ検査前に十分な説明を行い同意書をいただいております。

内視鏡的ポリープ切除術の種類

ポリペクトミー(スネアポリペクトミー)

スネアポリペクトミー

ポリープや隆起した早期大腸がんを切除する際に用いられる手法です。内視鏡からスネアというワイヤを出し、ポリープにかけてから締め付け、その上でスネアに電流を流して切除を行います。
ただし、焼き過ぎによる穿孔の危険性があるため、当院ではほとんど行っておりません。

コールドポリペクトミー(コールドスネアポリペクトミー)

コールドスネアポリペクトミー

5-10ミリ程度の小さなポリープを安全に切除するための方法です。高周波電流による通電を行わないので、切除時に穿孔の危険がありません。また遅発性に起こる術後の出血も回避できます。安全面、安心面から小ポリープに対して最近主流になりつつある切除方法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープや早期大腸がんをより安全、確実に切除するための方法です。ポリープも大腸がんも粘膜層と呼ばれる腸の一番内腔を覆っている層から発生し、成長していきます。そのため、粘膜層のすぐ下の層(粘膜下層)に専用の液体を注入することで、粘膜層を持ち上げてしまいます。これによって、ポリープを焼き切った際、筋肉より深い層(腸に穴があいてしまう層)に通電されません。

留置スネア

留置スネア

茎をもったポリープや早期大腸がんでは、茎の中を太い血管が走っています。そのためスネアポリペクトミーを行うと、切除した瞬間に大量に出血することがあります。留置スネアとは、その茎の部分を締め付けることにより、あらかじめ血流を遮断してしまう方法です。その結果、出血することなくポリープを切除することができるのです。

大腸ポリープ切除後の注意点

ポリープ切除後に一番問題になるのは出血です。術後1週間位までその可能性があります。そのため出血を予防するために守っていただきたい制限(下記)がいくつかあります。その日数はポリープを切除した個数、大きさ、処置の種類によっても異なります。大半は数日間ですが、大きなポリープや早期大腸がんを焼き切って切除した場合に、最大で1週間ほど制限がでる場合があります。

入浴

当日は長湯を避けてください。シャワーまたはザブッとお風呂につかる程度に留めてください。翌日からは制限はありません。

食事

当日は刺激物、油や脂肪分の多い食事は摂取しないようにしてください。ふつうのお食事ならかまいません。おかゆや素うどんにする必要はありません。

飲酒

アルコールは血流がよくなり出血のリスクが高まります。指示された日数の間、控えていただきます。

運動

散歩程度の軽い運動は制限されません。激しい運動、腹圧の強くかかる運動については指示された日数の間、控えていただきます。

旅行や出張

旅行や出張が後に控えている場合は、予約日を調整していただきます。飛行機での移動は気圧の変化による出血のリスクが高まるため指示された日数の間、控えていただきます。また海外など、トラブル発生時の対応が困難な地域への渡航は控えていただきます。

出血があった場合

便に少量の血液が混じる程度であれば問題はありません。出血量が多い場合や、同時に痛みが生じた場合には、すみやかにお渡しした緊急連絡先にお電話ください。

24時間WEB予約
一番上に戻る
おおさわ胃腸肛門クリニックオフィシャルサイト品川区・目黒区 痔の日帰り手術NAVI口コミを見る口コミを書く