苦痛の少ない麻酔下内視鏡検査

苦痛の少ない麻酔下内視鏡検査とは?

当院では、胃大腸内視鏡検査の直前に点滴から鎮静剤を注射します。この静脈麻酔をして行う検査のことを麻酔下内視鏡検査といいます。一般に「無痛内視鏡」などと表現されるものは、この静脈麻酔を使った検査になります。
当院でも、痛みを感じにくくする鎮痛薬と意識を落として、少しボーっとした状態にする鎮静薬を点滴から注入して行います。もちろん年齢や体型などを考慮して、患者さま毎に適切な注入量に調節しています。
麻酔といっても全く痛みを感じないわけではありません。そこは、最新鋭の内視鏡機器と内視鏡技術によって痛みを感じないように検査します。
中には眠ってしまう患者さまもいますが、痛み刺激で覚醒できる程度です。検査が終わっても、検査されていたことを覚えていない患者さまもいます。ただし、その日のコンディションによっては、同じ量でも前回はよく効いたのに、今回は効きが悪かったなんてこともあります。また、検査が怖いといった患者さまに対しては、ご希望に応じて、眠ったまま検査ができるように麻酔量を調節します。

麻酔下内視鏡検査(無痛内視鏡検査)の手順

手順1、検査ベッドに寝ていただき、腕から点滴を挿入いたします。

まずは点滴を入れます。この時点ではまだウトウトしてきません。お薬を投与する静脈を確保しただけです。この点滴の側管から痛みを和らげる鎮痛薬と眠くなる鎮静薬を投与します。少し血管痛を感じる場合がありますが、心配ありません。指先には酸素モニターをはめ、呼吸状態を把握します。

手順2、検査の姿勢が取れたら、鎮静剤を注入していきます。

検査を受ける方の年齢、体型などを考慮して、その方にあった量のお薬を数種類投与していきます。すると10秒もすると眠くなってきます。または寝てしまいます。鎮静の深さは患者さんのご希望に合わせてコントロールしています。恐怖心が強い方には完全に眠っていただきますし、早く帰宅されたい方には、キレの良いお薬を中心に投与いたします。

手順3、検査を行います。

意識がボーとしてきたことを確認できたら検査開始となります。検査中に麻酔効果が弱いと感じた場合や覚めてきてしまった場合には、お薬の追加投与を考慮します。患者さんが全く苦痛を感じていないようでしたら、そのまま検査を続けます。基本的には適切な鎮静度を保ったまま検査は行われます。

手順4、検査が終了したらお休みいただきます。

検査後は鎮静剤の効果を中和するお薬を投与します。その後に、完全に目が覚めるまでリカバリールームでもう少し休んでいただきます。薬の効果が持続する時間には個人差があります。検査直後からしっかり覚醒している方もいれば、1時間以上寝てしまう方もいます。また目が覚めても、鎮静剤の心地よさから、もう少し寝かせてほしいといった希望もあります。

手順5、退室します。

目が覚めて頭がすっきりしたら、お帰りの準備をしていただきます。まずは体を起こし、ふらつきを見ます。大丈夫でしたら、今度は歩いていただきます。意外に頭はすっきりしていても、足元がおぼつかない方もいます。問題がなければ点滴を抜いて、更衣室へ向かいます。

麻酔下内視鏡検査(無痛内視鏡検査)の注意点

まれに検査後、帰宅してから眠気がぶり返してくる場合があります。そのため検査には公共の交通機関を利用してお越しいただきます。また、帰宅後も車や自転車の運転は終日できません。
高齢者、重篤な持病をお持ちの方は、心臓や呼吸状態に影響がでる場合があります。そのため鎮静剤は必要最低限の量を投与して行います。

 

麻酔下内視鏡検査(無痛内視鏡検査)のよくある質問

よく麻酔が効きにくい体質といわれます。

ふだんからアルコールをたくさん飲まれる方、精神科のお薬などを服用されている方は、鎮静剤が効きにくい場合があります。それでもお薬の種類、量を調節して対応可能です。

授乳中ですが、麻酔下に検査をしてもらえますか?

授乳中の場合、原則24時間の断乳を検査後から行っていただきます。その間の母乳は、事前に催乳して冷凍保存していただきます。または粉ミルクで代用していただきます。まだ頻回に授乳が必要なお子さんをお持ちの方にはあまりお勧めできません。妊婦さんに関しては、どうしても検査が必要と判断された場合のみ検査を行いますが、基本的に無麻酔での検査になります。

麻酔は安全ですか?

安全です。今までに一度も問題は起こっておりません。ただし、どんなに安全な薬でもアレルギー反応を起こす可能性はゼロではありません。万が一そのような場合には、すぐ対応いたします。点滴によって血管を確保していますので、そこから治療薬を速やかに投与することができます。

麻酔下内視鏡検査(無痛内視鏡検査)を受けられた方の声

当院で内視鏡検査をお受けいただいた患者さま約150名を対象に検査後にアンケートを実施いたしました。

「非常に楽だった」「楽だった」・・・96.3
  胃カメラだけ受けられた場合:100%
  大腸カメラだけ受けられた場合:94.4%
  胃・大腸カメラ両方同時に受けられた場合:97.3%

「また当院で検査をうけたい」・・・95.6
「家族や友人にも勧めたい」 ・・・90.7
「満足度」         ・・・93.0%

 

実際の患者様の声をご覧いただけます。
アンケートをクリックいただくと、拡大したものがご覧いただけます。

24時間WEB予約
一番上に戻る
おおさわ胃腸肛門クリニックオフィシャルサイト品川区・目黒区 痔の日帰り手術NAVI口コミを見る口コミを書く