アニサキス

胃アニサキス症とは

胃アニサキス症とはアニサキスは魚介類に寄生している寄生虫で、生食した数時間後に激しい腹痛や吐き気を起こします。
アニサキスの最終宿主は鯨やイルカですが、幼虫はサバ・アジ・サケ、イカなどの内臓や筋肉に寄生しています。気付かずに寄生された魚介類を食べてしまうと胃の中でアニサキスが胃粘膜に食いついて、激しい痛みを起こす胃アニサキス症を発症します。

アニサキス症が起こる原因

原因は、アニサキスが寄生した新鮮な魚介類の生食です。アニサキスは60℃で1分以上の加熱や、-20℃で24時間以上の冷凍で死滅します。そのため、新鮮なお刺身を食べて数時間後に強い胃痛が起こったら、アニサキス症の可能性があります。この激しい痛みの原因は、アニサキスに対するアレルギー反応です。

症状

激しい胃痛、腹痛
吐き気、嘔吐
アレルギー反応によるじんましん

検査と治療

激しい胃痛は、急性膵炎(すいえん)や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の可能性もありますので、診察では痛みが起こった数時間前にお刺身などを食べていないか確認します。

内視鏡による治療

検査と治療アニサキスは内視鏡を用いて除去できます。そのため、アニサキス症の疑いがある場合には、内視鏡を挿入し、目視でつまんで除去します。除去が終了したら、痛みはすぐに解消に向かいます。
内視鏡による治療が行えない場合、胃薬や痛み止め、アレルギー反応を抑えるステロイドや抗ヒスタミン薬の投与を行います。アニサキスは人間を宿主にすることができないため、時間はかかりますが症状はそのうち消えます。
アニサキスの駆除

24時間WEB予約
一番上に戻る
おおさわ胃腸肛門クリニックオフィシャルサイト品川区・目黒区 痔の日帰り手術NAVI口コミを見る口コミを書く