便潜血検査(血便)と大腸カメラ

「便潜血検査陰性だから大腸がんではない」というのは間違っています

「便潜血検査陰性だから大腸がんではない」というのは間違っています便潜血検査は、進行した大腸がんを発見できる可能性がある検査であり、早期の大腸がんや前がん病変のポリープを見つけることはほぼできません。また、進行した大腸がんを陰性として見逃してしまうケースも珍しくありません。
これは便潜血検査が進行した大腸がんを見つけて大腸がんによる死亡率を下げるために行われている検査だからです。実際にこの検査により死亡率は下がっていますが、見つかるのは進行大腸がんですから、入院による手術や抗がん剤治療などが必要になり、仕事や生活に大きな支障を及ぼします。
手軽に受けられる便潜血検査ですが、「陰性だったから大丈夫」と過信してしまうのは危険です。

便潜血検査の陽性と陰性

便潜血検査「陽性」

便に血液が混じっていれば便潜血検査では陽性という結果が出ます。陽性になれば、内視鏡検査で大腸がんの有無を調べる必要があります。そして陽性の方の検査を行って、実際に一番多い病気は大腸がんではなく「痔」です。大腸がんで陽性が出るのは、便ががんに擦れて出血を起こすほど進行したがんであり、しかも硬い便が通る場所にできているケースが大半です。そのため、進行したがんでも陰性の結果が出ることがあります。

便潜血検査「陰性」

便に血液が混じっていないと「陰性」という結果が出ます。早期の大腸がんや前がん病変のポリープでは、便が擦れて出血することがないため、ほとんどは陰性になります。さらに、進行した大腸がんでも、硬い便が通る場所でなければ擦れて傷付き、出血を起こすことはないため、陰性になることは珍しくありません。

早期発見した大腸がんは内視鏡の日帰り手術で完治可能です

早期には自覚症状がほとんどない大腸がんですが、早期に発見して適切に切除することで完治可能な病気です。そして、早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを発見するために、最も有効なのが大腸カメラです。内視鏡検査は大腸の粘膜をすみずみまで直接観察が可能ですし、特殊な光や拡大などの機能により微細な病変を発見することもできます。また、検査の際に疑わしい病変の組織を採取して確定診断が可能であり、検査中に早期大腸がんや大腸ポリープを切除することもできます。検査と同時の日帰り手術が可能ですから、仕事や日常に与える影響も最小限に抑えられます。特に前がん病変の大腸ポリープは放置すると大腸がんになる可能性があるため、切除は大腸がん予防につながります。
大腸がんやポリープを早期発見しで生活に支障なく治療可能な内視鏡検査は、ご自身だけでなく、ご家族の生活を守るためにも役立ちます。大腸がんのリスクは40歳から上昇しはじめますので、症状がなくても大腸カメラを一度受けることが重要です。

楽に受けられる大腸カメラ

楽に受けられる大腸内視鏡検査定期的な内視鏡検査が一般的になれば、有効な治療が可能ですから大腸がんによる死亡率は下がります。早期発見は生活の質をまもるためにも役立ちます。そのため、当院では、内視鏡検査を楽にうけていただけるよう、さまざまな配慮を行っています。
精密で楽な検査のために、当院では最新の内視鏡システムを導入し、経験豊富な専門医がその高い技術力を活かして検査を行っています。検査だけでなく、前処置やアフターフォローも含め、安心して検査を受けていただけるようきめ細かく配慮することで、大腸がんによってつらい思いをする方を減らしていけたらと考えています。おいしくない下剤を大量に飲む、お腹の張りがいつまでも残るといったことも解消した手法を確立していますので、ご安心ください。

24時間WEB予約
一番上に戻る
おおさわ胃腸肛門クリニックオフィシャルサイト品川区・目黒区 痔の日帰り手術NAVI口コミを見る口コミを書く