大腸内視鏡検査でわかる病気

大腸内視鏡検査でわかる病気

早期大腸がん

早期大腸がん大腸がんは女性のがん死亡原因の第1位・男性の第3位であり、2020年には男女とも1位になるとみられていますが、実は早期に発見することで内視鏡的な切除が可能であり、完治できる病気です。ただし、進行するまで自覚症状に乏しく、早期発見には内視鏡検査が不可欠です。一般的な大腸がん検診で行われている便潜血検査は、進行がんまで進んでいても見逃してしまうこともあります。そのため、便潜血検査で陰性であっても、定期的に内視鏡検査を受けることが重要です。

進行大腸がん

早期の大腸がんを放置していると、粘膜のより深い部分にがんが侵入して進行がんになり、リンパ節や他の臓器への転移が起こる可能性があります。入院による手術や抗がん剤治療など、生活やお仕事に多大な支障を及ぼす治療が必要になりますし、残念ながら手遅れになってしまうケースもあります。
大腸がんが日本で近年増え続けているのは、動物性脂肪の摂取増加や食物繊維の摂取減少といった食生活の欧米化が大きな原因になっています。ただし、大腸がんによる死亡率は、定期的な内視鏡検査の普及で大きく減らすことができると当院では考えています。リスクの上昇する40歳を越えたら、一度内視鏡検査を受けてみてください。

大腸腺腫(大腸ポリープ)

腺腫とは、最も一般的な大腸ポリープのことです。大腸がんになる前の良性の状態のことをいいます。放置されていると徐々に大きくなり、がんに変わっていきます。こうしてできる大腸がんはポリープの段階で切除することで予防できます。自覚症状がないため、内視鏡検査での発見が必須ですが、検査中にそのまま切除可能です。定期的に内視鏡検査を受け、大腸がんを予防しましょう。

大腸憩室症

大腸壁の一部分が袋状になって外側に飛び出ており、炎症や出血を起こす可能性があります。全人口の約10%の頻度で発見され、動物性脂肪やハムなどの加工肉の摂取増加と食物繊維摂取減少により、日本でも増加傾向にあります。こうした食生活を見直すことは、憩室予防と、憩室の増加防止につながります。炎症が起こって憩室炎になると腹痛などの症状が現れ、出血がある場合には下血が起こります。
憩室がある方にはポリープもできやすい傾向があり、定期的な内視鏡検査の重要性が増します。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎原因がはっきりとまだわかっておらず、治療を続けないと良好な状態をコントロールできないため、国の難病指定である「特定疾患」の大腸疾患です。
大腸の粘膜が炎症を起こして、びらんや潰瘍ができ、下痢や下血、腹痛といった症状が慢性的に続きます。回復する寛解期と再び症状が現れる再燃を繰り返す特徴を持っており、寛解期をできるだけ長く続かせるためのコントロールが重要です。
発症頻度は千人に1人程度であり、発症年齢は20代にピークがあります。ただし、高齢者の発症もありますので、若い世代だけの病気ではありません。下痢が続く、下血や腹痛がある場合には内視鏡検査を受け、できるだけ早く的確な治療を受けることが重要であり、難病ではありますが普通の方と変わりない生活を送ることも可能です。
潰瘍性大腸炎で炎症が長時間続くと大腸粘膜が持続的にダメージを受けるため、大腸がんの発症リスクが上がるため、治療と同時に定期的な内視鏡検査も必要です。

直腸カルチノイド

「カルチノイド」は「がんのようなもの」という意味ですが、実際はかなりがんに近いものであり、大きさによって良性か悪性かにわかれ、治療が異なってきます。10mm以上になるとリンパ節や肝臓への転移を起こしやすいとされています。直腸カルチノイドはまれな疾患ですが、経験の豊富な専門医による内視鏡検査で早期に発見できます。

直腸潰瘍

直腸下部に多く発症するもので、潰瘍病変が浅いという特徴を持っています。自覚症状に乏しいのですが、潰瘍から大出血して貧血の症状を起こすこともあります。原因がわからないケースが多く、リスクは加齢や栄養不足によって高まるとされています。

大腸脂肪腫

脂肪腫は消化管腫瘍の中でも発生頻度が約3~4%と低く、重大な症状である腸重積症や腸閉塞症などを引き起こす可能性も少ないとされています。ただし、定期的な内視鏡検査で経過を慎重に確認する必要があります。

大腸メラノーシス

大腸に色素沈着を起こす疾患で、ほとんどは便秘薬の服用によって起こっています。センナや大黄が含まれる便秘薬は色素沈着だけでなく、大腸が刺激に鈍感になってしまうため、頑固な便秘につながる可能性があります。内視鏡検査で大腸メラノーシスを指摘されたら、便秘外来を受診して適切な治療を受けるようにしてください。

24時間WEB予約
一番上に戻る
おおさわ胃腸肛門クリニックオフィシャルサイト品川区・目黒区 痔の日帰り手術NAVI口コミを見る口コミを書く